2016.06

純米超辛口がIWCにて銅賞を受賞

世界最大の規模・権威のあるワインコンテストIWC2016(インターナショナルワインチャレンジ)がSAKE部門開催10周年を記念して、2016年5月16日から18日にかけて兵庫県で開催されました。当蔵の「純米超辛口」がSAKE部門の「純米酒の部」でブロンズメダル(銅賞)を受賞しました。

 

「International Wine Challenge」とは

IWCは、1983年にスタートした世界最大で最も権威あるワインコンテストです。毎年イギリスはロンドンで開催されていますが、2007年よりこのコンテストのSAKE(日本酒)部門が新たに開設されました。SAKE部門が設けられることになった背景には、海外での日本食人気の高まりに伴い、日本酒がその存在を無視できないくらいに広く認知されてきたことがあります。そして、昨今日本酒は認知されるばかりではなく、その品質が高く評価されています。