国産レモン発祥の地、大長(おおちょう)レモン100%で造った、香りと酸味が爽やかな甘口天然ワイン。

国産レモン発祥の地(明治31年から栽培)、大崎下島の大長(おおちょう)地区のレモンだけで造った果実酒です。果実酒とはワインなどがこれに含まれますが、果汁そのものを酵母菌で発酵させて造られたものをいいます。

地元レモン農家の奥様方で構成される白百合会が手作業で丁寧に洗浄・搾汁し、その果汁を当蔵まで運んで発酵製品化しています。レモンから造る果実酒は世界的にも数少ないお酒です。

大長檸檬酒は、2001年の春、大長のある豊町と共同でレモン果汁の酒発酵試験を始め、2002年12月に製品化、2004年には「ふるさと食品中央コンクール」で、その爽やかな風味が認められ「農林水産総合食料局長賞」を受賞しました。

アルコール  9度未満
甘 辛 甘口
楽しみ方 小さめのグラスにクラッシュアイスを一杯に入れ、良く冷やした檸檬酒を注いでお召し上がり下さい。
標準価格
500ml  950円